スタジオまめの木 デザイン準備室

Studio Mamenoki – Design Preparatory Office

*

ジャケ買いしても損しない10選〜ブルーノート編〜

      2015/02/08

bluenote_eye

ジャケットが良ければ、音楽も良いに決まっている

50年代から60年代のブルーノートのジャケットは何度見ても刺激を受ける素晴らしいデザインが施されています。
特にモノトーン写真を使ったジャケットは有無を言わずジャケ買いしてしまいます。
というわけで、ジャケ買いしても損しないと思うCDをご紹介します。

LET ‘EM ROLL / BIG JHON PATTON

オルガンとギターとビブラフォンが絡む、これぞ60年代っていう感じのオルガンジャズのアルバム。昼間の雰囲気がよく似合うアルバムなのでお昼過ぎの眠くなる時間帯にBGMで流せば、おしゃれな気分で仕事も捗るかも。このアルバムはジャケ買いでした。
LET ‘EM ROLL / BIG JHON PATTON(曲目)

MILT JACKSON / Milt Jackson

48年、51年、52年に録音されたものを編集したアルバム。ビブラフォンといえばビブラフォンの怪しい雰囲気が満載のこのアルバムをおススメしたい。もちろん軽やかな曲も収録されてます。ビブラフォンから奏でられる音を丸いドット柄でさりげなく表現してあるジャケットデザインも素敵です。
MILT JACKSON / Milt Jackson(曲目)

THE JAZZ MESSENGERS AT CAFE BOHEMIA vol1 / THE JAZZ MESSENGERS

邦題は“カフェ・ボヘミアのジャズ・メッセンジャーズ Vol.1”。ライブ録音ならではの迫力あるアルバムです。特に3曲目のMINOR’S HOLIDAYは勢いがすごい。仕事に勢いを付けたいときのBGMに最適。
THE JAZZ MESSENGERS AT CAFE BOHEMIA vol1 / THE JAZZ MESSENGERS(曲目)

THE SIDEWINDER / Lee Morgan

63年のリー・モーガンの大ヒットアルバム。8ビートを導入したジャズロックの教典と言われている超キャッチーな曲から始まるアルバムです。
THE SIDEWINDER / Lee Morgan(曲目)

Midnight Blue / Kenny Burrell

アルバム名のとおり真夜中の雰囲気が漂うケニー・バレルの代表作。数あるギターのジャズアルバムの中で一番好きなアルバムです。アルバムタイトルの文字を主にしたデザインが夜のネオンを思い起こさせ音楽とリンクします。
Midnight Blue / Kenny Burrell(曲目)

Dippin / Hank Mobley

どこかで聴いたことのあるような非常に耳馴染みのよいリガート・ボサノバが収録されたアルバム。このアルバムは、この曲を目当てに買いました。
Dippin / Hank Mobley(曲目)

Cool Struttin / Sonny Clark

ジャズと聞いて思い浮かべるパブリックイメージをそのまま表現したようなアルバム。ジャケットとともにクールな一枚。ジャケットの写真はデザイナーのリード・マイルスが、このアルバムのジャケットデザインの打ち合せの途中に昼食に出かけたときに同行していた女性アシスタントの歩く姿を見て、“これだっ”と直感して撮影したものらしいです。
Cool Struttin / Sonny Clark(曲目)

Blues Walk / Lou Donaldson

コンガがいい味を出しているブルージーな1枚。ジャケットのイメージを体現したかのようなメロディックな1曲目を視聴して即購入したアルバムです。
Blues Walk / Lou Donaldson(曲目)

Scene Changes / Bud Powell

もはや知らない人はいないんじゃないかというくらいテレビCMやBGMで使われている1曲目から始まる1枚。最初にしっかりと聴き込んだJAZZアルバムなので多少贔屓目かもしれないけれど、全曲いいです。
Scene Changes / Bud Powell(曲目)

Afro-Cuban / Kenny Dorham

捨て曲なしと自信を持っておススメできるアルバム。ラテンのリズムと哀愁のあるメロディという最強のコンビネーションで聴かせる1枚。手持ちのJAZZアルバムの中では一番よく聴いたアルバムです。
Afro-Cuban / Kenny Dorham(曲目)

まとめ

ブルーノートのジャケットはフランシス・ウルフが写真を撮影し、リード・マイルスがデザインを担当することが多かったようです。
音楽と同様にジャケットの写真とデザインが評価され続け、それを撮影したカメラマンとデザイナーが脚光を浴びたレーベルはブルーノートを置いて他には無いんじゃないでしょうか。

フランシス・ウルフの写真集はアマゾンで購入できるんですが、リード・マイルスのデザイン集っていうものは無いのでしょうか?
あるのなら即買いします。

 - インスピレーション, デザイン

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

WP-SpamFree by Pole Position Marketing

  関連記事

Tシャツ作りました

『釣りをテーマにしたTシャツデザイン』 スタジオまめの木でTシャツを作ることにな …

気になる企業理念

『会社の数だけ理念がある』 会社案内や入社案内でしかお目にかかる事のない『企業理 …

株式会社ビッグス様 求人サイト【制作実績】

株式会社ビッグス様は、トラックやバスなどの運転手を派遣するドライバーに特化した派 …

ウッドバーニングでデザイン性アップ

スタジオまめの木の看板犬のミント&パセリは2階のリビングで暮らしています。3階に …

おでんと天婦羅『さゆさゆ』様スタッフユニフォーム制作【実績】

今回ユニフォームのデザインを依頼頂いたさゆさゆ様は、京阪本線の香里園駅前の香里中 …

実は釣りTシャツも作ってました

ミントとパセリを飼い始めてから頻繁には行けていないのですが、『釣り』大好きです。 …

Adobeモバイルアプリ“Adobe Shape”は仕事で使えるのか?

デザインの仕事で使用しているAdobeCS5を思い切ってCC(クリエイティブ・ク …

ブランドロゴ制作

『Tシャツのブランド立ち上げます』 先日、作成した“釣り”がテーマのTシャツ。 …

パンフのリニューアル案件のご紹介

スタジオまめの木ではパンフレットの制作を主にしています。ゼロから制作するものもあ …

シネマグラフの作り方

約3年ほど前の記事で一度取り上げた『シネマグラフ』ですが、今度は画像に文字や色味 …