スタジオまめの木 デザイン準備室

Studio Mamenoki – Design Preparatory Office

*

with youのパンフレットが出来ました

   

withyou_oanfu

昨年11月11日にオープンした「with you」ですが、あと2ヶ月で1周年になろうとしています。当初は名入れ商品を主力商品としていましたが、実際にご注文いただいているものはゼロから作らせていただく「オーダーメイド」が主流になっています。そこで、オーダーメイドについて詳しく説明できるパンフレットを制作してみました。

1点、1点お好みのデザインで制作

hyoushi

表紙を見ればデザインの大凡の雰囲気がわかるように、今までご注文いただいたTシャツのデザインから抜粋したものを掲載しました。
掲載しているデザインはまったくゼロから書き上げるパターンからwith youのwebサイトに掲載しているデザインをベースにアレンジを加えていくパターンまでお客様のご要望に合わせて制作したものです。
また、ショップ名「with you」とドメイン名「one-with-you.com」を印象付けるために表紙には「“ONE” WITH YOU」の文字を大きく表示し、それ以外の文字情報は排除しシンプルなデザインに仕上げました。

お好きなグッズにオリジナルデザインを印刷

mihiraki1

最初の見開きページでは、“ご提供できるもの”をアピールしています。お気に入りの写真をもとにイラストを制作し、Tシャツ以外にもスマホケースやトートバッグなど好きなものにオリジナルデザインを印刷してご提供できることを視覚的に表現しました。

作り方は簡単な3ステップ

mihiraki2

次の見開きページでは、“制作工程”をアピールしています。お客様には写真をご提供いただくのとワンちゃんの特長、デザインに対するご要望などをお伝えいただくだけで、お好みのオリジナルグッズがお手元に届くお手軽さをシンプルにデザインしました。
また、紙面下部にはデザインの幅がアピールできるように実際の写真と仕上がりのイラストを組み合わせて掲載してみました。

明瞭な料金設定

ura

裏表紙には料金を掲載しています。
また、制作したデザインで別のグッズにも印刷したい場合の追加料金も掲載することで、デザインをひとつ完成させれば、割安で他のグッズも制作できることを訴求しています。

まとめ

6ページ(3つ折)パンフは、8ページや12ページのパンフとは異なり、最初に見開いた2ページと次に見開く3ページのうち左端の1ページは共有ページになります。読者を惹き付けるために、この共有ページをどのように活かしていくかが6ページを構成するにあたってのポイントになっています。
スタジオまめの木では、6ページという限られたページ数の中でもしっかりとしたストーリーをたてて、読者に順序立ててアピールポイントを訴求できるようにデザインすることを心がけています。
6ページパンフの制作をお考えの場合は、是非一度スタジオまめの木にお問い合わせ頂ければ幸いです。
スタジオまめの木運営デザインサービス“デザインミッテ”

 - スタジオまめの木, デザイン

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

WP-SpamFree by Pole Position Marketing

  関連記事

シネマグラフの作り方

約3年ほど前の記事で一度取り上げた『シネマグラフ』ですが、今度は画像に文字や色味 …

おでんと天婦羅『さゆさゆ』様スタッフユニフォーム制作【実績】

今回ユニフォームのデザインを依頼頂いたさゆさゆ様は、京阪本線の香里園駅前の香里中 …

著作権フリーの無料素材配布サイトまとめ

『いつもお世話になっている素材屋さん』 予算が無いけれど画像は必要。 しかも、写 …

デザインのアイデアがないときの5つの対処法

ひとつの案件に対して2案、3案と複数のデザイン案を制作していると、『アイデアが出 …

お客様事例のご紹介“株式会社ビッグス”様

 株式会社ビッグス様の会社案内 トラックドライバーや各種送迎ドライバーから街宣カ …

新作できました!

「犬と飼い主のためのデザインショップ“with you”」の新作が出来たのでご紹 …

関西のデザイン&手作り系イベント5選

スタジオまめの木で昨年から“with you”というwebショップを運営している …

ウッドバーニングでデザイン性アップ

スタジオまめの木の看板犬のミント&パセリは2階のリビングで暮らしています。3階に …

キャラクターデザイン

スタジオまめの木のウェブサイト上に登場するキャラクターについて 説明するページを …

webデザイン初心者にもおススメの参考書

今さら聞けない基礎を学ぶ 一度、基礎を学べばその後は実務経験の中で仕事の質を上げ …