スタジオまめの木 デザイン準備室

Studio Mamenoki – Design Preparatory Office

*

簡単にコピースペースを作る方法【フォトショップ】

   

photo0

写真の上に文字を配置するデザインをする場合、写真に適度な余白が必要になります。しかし、毎度毎度都合良く適度な余白のある写真に巡り会えることもないので、写真を加工して余白部分を創り出しています。今回は、普段からよく使う“青空”を創り出す方法をご紹介します。

フォトショップのブラシを活用

文字のスペースを作るために空を付け加える方法ですが、単純に青のグラデーションを付け加えるだけでは味気ないので雲を描くためにフォトショップのブラシを活用します。

雲のブラシをダウンロードする

雲のブラシをダウンロードする
ネット上に無料で公開されているブラシがあるので、それをダウンロードして利用します。
ダウンロード先 Cloud Brushes

ブラシを読み込む

ダウンロードし解凍した後、ブラシを読み込みます。読み込み方は、ウインドウ→ブラシプリセットを選択して開いたパネルから“ブラシファイルの読み込み”を選択すれば出来ます。

画像の空を出来る限り白く加工

photo1

  1. まず、イメージ→カンパスサイズから画像サイズを縦に伸ばします。
    photo
  2. 新しくレイヤーを作ります。
  3. 次に地表と空の境界線あたりの一番薄い色をスポイトで選択します。
  4. 新しく作ったレイヤーに、スポイトで選択した色を塗ります。
  5. 最後に空の部分に合わせてマスク処理すれば、空の部分が白く均一になります。
    photo2

空を好みの色に塗る

  1. 新しくレイヤーを作ります。
  2. グラデーションツールで好みの青から透明のグラデーションを作成して着色します。
    photo3
  3. 着色したレイヤーにマスクを作成して、マスクを選択したまま先ほどダウンロードした雲ブラシでマスク処理をしていきます。
    雲を地平線近辺に配置することで、空との境界線を自然に見せることができます。
  4. マスクの選択を解除すれば完成です。
    photo4

まとめ

雲のブラシは、デザインしていて何か物足りないなというときに背景としてもよく使っています。空の画像を探す手間も省け、雲のカタチも自由に作れるので重宝しています。雲以外にもweb上には草や木、山などのブラシも無料で公開されているので興味ある方は探してみてください。

 - デザイン, 写真

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

WP-SpamFree by Pole Position Marketing

  関連記事

シネマグラフの作り方

約3年ほど前の記事で一度取り上げた『シネマグラフ』ですが、今度は画像に文字や色味 …

SIGMA 広角ズームレンズ 8-16mm F4.5-5.6 DC HSM

超広角レンズ買いました あれば便利だろうなと気になっていた広角レンズですが丁度、 …

東尾メック株式会社様のバインダー【制作実績】

今回、ご依頼いただいた東尾メック株式会社様は水やガス等を流す配管と配管を結ぶ『管 …

フォトショップで暗い写真を写真を明るくする手順

フォトショップは、仕事でも使わない日はないくらい使用頻度の高いソフトですが、いま …

著作権フリーの無料素材配布サイトまとめ

『いつもお世話になっている素材屋さん』 予算が無いけれど画像は必要。 しかも、写 …

手書き風文字に10秒で変換【イラストレーター】

イラストレーターで普通に使用しているフォントを簡単に手書き風に変換できて、その状 …

デザインに役立つ雑誌10選

近頃では若者の車離れ、ビール離れなど若者から離れられていると言われているものが続 …

Camera Simulator

一眼レフカメラのシミュレータを発見したのでご紹介します。 『絞り』『シャッタース …

1枚の写真をweb上で簡単に3Dにできる“Smoothie-3D”の使い方

手持ちの写真を3D(立体)に変換できるWebサイトが面白かったので基本的な使い方 …

新作できました!

「犬と飼い主のためのデザインショップ“with you”」の新作が出来たのでご紹 …