スタジオまめの木 デザイン準備室

Studio Mamenoki – Design Preparatory Office

*

デザインのちょっとした技

      2015/02/03

『トーンジャンプを馴染ませる技』

紙媒体のグラフィックデザインをされている方なら分かっていただけると思いますが、
カラー出力では出てなかった、トーンジャンプが色校正でクッキリハッキリはりきって出現してきたときは焦ります。

このトーンジャンプは薄いグラデーションをPhotoShopで広範囲に使った場合によく起こる現象のようで、
ぼかしツールでトーンジャンプしている輪郭をぼかしても改善しません。
色校正という工程は印刷の一歩手前なので、濃度を濃くして問題を回避しようとしても仕上がりイメージが変わるので、それは出来ない!

というピンチな状態の時にいつも使っているちょっとした技をご紹介します。

手順1 『フィルター』→『ノイズ』→『ノイズを加える…』を選択
手順2 0.2〜0.5ぐらいノイズを加える

以上です。
非常に簡単ですが、私はこの技で何度か救われました。
でも、ノイズを加えているので少しだけ質感が異なった仕上がりになってしまいます。
ノイズを加えないでトーンジャンプを消す方法があれば 、是非教えていただきたいところですが
どなたかご存知ないですか?

 

と、いうわけで
あまりにも簡単な技だったので、『ノイズ』つながりのおまけをひとつご紹介します。

『インスタント芝生の技』

 

手順1 緑色を塗ります。

 

手順2 ノイズを加えます。

 

手順3 『ぼかし(移動)』を選択し、垂直方向に少しぼかします。

以上。

『インスタント芝生の技』はとあるメーカーの商品の背景に合成用素材として使用してみましたが
思いのほか自然に馴染んでいました。
自分の好きな大きさの背景が簡単に制作できるところがポイントですね。

 



 - デザイン

Comment

  1. より:

    写真の補正でうまく行かない時はほんと憂鬱になりますね。
    (トーンジャンプという言葉は知りませんでした!)
    芝生はめちゃ簡単ですな!良い参考になります。

    • イケモト より:

      →斧ちゃん
      写真補正は、やればやるほど深みにはまっていくことが多くて、
      釣りと一緒で『止め時』がわかりません(笑)
      芝生と同じ要領でアルミっぽい素材も出来ますよ。
      よかったら試してみてください。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

WP-SpamFree by Pole Position Marketing

  関連記事

ジャケ買いしても損しない10選〜ブルーノート編〜

ジャケットが良ければ、音楽も良いに決まっている 50年代から60年代のブルーノー …

お客様事例のご紹介“株式会社ビッグス”様

 株式会社ビッグス様の会社案内 トラックドライバーや各種送迎ドライバーから街宣カ …

株式会社ルノータス様【制作実績】

株式会社ルノータス様はカスタムオーダーメイドの腕時計を製造・販売されているメーカ …

新作できました!

「犬と飼い主のためのデザインショップ“with you”」の新作が出来たのでご紹 …

1枚39円〜の定額制ストックフォトImasia(イメージア)を使ってみた

定額制の画像販売サービス 以前から気になっていた定額制のストックフォトサービスを …

シネマグラフの作り方

約3年ほど前の記事で一度取り上げた『シネマグラフ』ですが、今度は画像に文字や色味 …

おでんと天婦羅『さゆさゆ』様スタッフユニフォーム制作【実績】

今回ユニフォームのデザインを依頼頂いたさゆさゆ様は、京阪本線の香里園駅前の香里中 …

簡単にコピースペースを作る方法【フォトショップ】

写真の上に文字を配置するデザインをする場合、写真に適度な余白が必要になります。し …

Negative Space Logo Design

余白を上手に取り入れたロゴデザイン ロゴ作成時に参考になる余白(ネガティブ スペ …

Camera Simulator

一眼レフカメラのシミュレータを発見したのでご紹介します。 『絞り』『シャッタース …